今、話題のPLDDについて

2019.3.16 春の嵐の後の快晴の軽井沢、ゲレンデにはスキーヤーが、路肩には残雪が、でもしっかり春の足音が聴こえました。

PLDD、経皮的椎間板蒸散術の不幸な歴史について、皆さんにお話ししたいことがあります。

この技術は実はかなりの歴史ある術式なんですが、膨隆、突出し神経根や脊髄を刺激している椎間板内にレーザーファーバーを安全に挿入し、レーザーの熱で椎間板内部を溶かして空洞を作り、内部の圧力を減げ、そして椎間板を縮小させて治療するという手術法です。 この手術法について多くのサイトを検索して頂くと、今でも、効果が疑わしいとか、イカサマであるような批判的な記述を目にすることがある一方、奇跡の治療法であるような直接的、間接的PRと思われる内容の記述も散見されます。 

現在でも、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって生じる坐骨神経痛に対しての外科的な治療に限って言えば、比較的小さく切開し内視鏡を用いた手術法や大きな切開を伴う手術が中心になります。そのために、手術回避の目的で、次々と新しい内服薬が開発されましたし、神経ブロック(ペインクリニック)の注射で痛みを取り除くという技術の進歩も手助けになり、外科的処置が必要な患者数は着実に減少しています。そのように、出来るだけ身体にメス入れたくないと多くの患者が望み、そして、約15年以上前から、メスを使わずに切らずにレーザーの熱で治す、PLDD(経皮的椎間板蒸散術)という理想に近い手術法があるにもかかわらず、どうして広く周知されなかったのでしょうか? 当時、この術式を積極的に推し進める医師も存在しましたが、理論ばかりが先行し、実際の手術成績にばらつきが多かった。それの原因としては技術的修練や器具の性能のばらつきなどが考えられます。それ故に、安定的に良好な結果をもたらす事が要求される健康保険制度には組み込まれなかった為、自由診療となり、法外な価格設定が横行し、一部の富裕族だけの治療になってしまいました。その結果、整形外科の中ではマイナーな治療法となっています。 ところが、最近、タンパク分解酵素なる薬物を椎間板内に注入し、椎間板内部を融解して減圧し、膨隆する椎間板を縮小させるという新しい治療法が承認されました。しかし、それは、まさしく15年以上前からずっと提唱されながら陽の目を見なかったPLDDの理論と同じだったのです。

私も15年前からPLDDを行っていますが、出てる椎間板の形や神経との位置関係などをしっかり吟味して、適切に施せば、ほぼ完治にまでいたらせる事が出来る素晴しい治療法です。色々な意見に耳を傾けながらも、しっかりと主治医と相談し、皆さんには御自分にとって最良の治療法と巡り合われることを心から願っています。

医療法人深緑会 田邊整形外科医院 理事長 田邊隆敏

この治療のご予約、お問い合わせは当院まで 072-988-5557

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です